June 26, 2014

ついていけない時代


なんだろう、最近世の中に出遅れてる感がものすごくする。

ついていけないかんじ。

何がおこっているかわからん。

先日、神保町へ行ったら、
weddingの時に使用した奥野かるたを発見。
前回はネットオーダーやったき
入ってみた。
すると、とても親切なおじちゃんが接客してくれ
かるたについていろいろと説明をしてくれた。
かるた以外も、麻雀や、モノポリー、人生ゲーム、トランプなど
多数のゲームがあった。
その中の[neu]というドイツのカードがきになり
その場でおじちゃんや他の店員さんと実戦。
なんだかハマりそうやったき買ってみた。

さて、ココ最近で自分がついて行けないとかんじたこと。

昨日、美容院で「リアル脱出ゲーム」というのがあるときいた。
きくとおもしろそうやし
頭を使う点もよさそう。
でも、値段をきいたら3800円という。
アトラクション的なかんじなんかな?
一度はやってみてもいいかもしれんけど、うーん。
やっぱり自分にはカードゲームやモノポリーの方が
あっちゅうきがする。

友人とピクニックへ行って[set]というゲームをやったり
飲み会でモノポリーをやったり。
そういうのがあるのか!とは思うけど、
素直に、行きたい!! という感覚もない。
現代についていけてないのか?

表参道を通るたびに思う、
ポップコーンやパンケーキに数時間並ぶ人々。
うーん。。。。

自分の時間は自由に使えばいいと思う。
でもなんだか最近、よそ者になった気分だ。
はみだしモノ。


June 22, 2014

日曜日の電車

日曜の電車は家族連れがおおい。

月に一度のkikiの撮影は
いつもお昼からで、その時間帯はとくによく
そういうシーンをみかける。

今日はちっさい女の子とお兄ちゃんの兄弟とお父さんがならんで電車に座っていた。

女の子は、チロルチョコを座席にドバーッと並べ
それをひろう父さん
1人遊びをするお兄ちゃん。

ふっとみたら
女の子の口から
ドロドロのチロルチョコが一、二、三、四、と次々におちてくる。

たぶん
一気にかまずにたべたんやろうなー

お父さん、何も言わずにティッシュでそれをふきだし
いつのまにかチロルチョコもリュックの中に撤収。
お兄ちゃんに、
「はるき、ウェットティッシュだして」
といい、それで手際良く座席と妹をふきだす。

このお父さんは
お仕事パパでもなく
日曜日パパでもなく
普段からちゃんと子供の面倒みてるんだろうなー
と思った。

昔、友人宅へいくと
普段は何もしてないんやろうなぁ、と
バレバレの 「その場だけパパ」がいて
子供のあやし方
子供の慣れ方が
ものすごく居心地わるそうだったのを思い出した。

みえみえなのにその場だけでも父親っぽくしていた友人の旦那が
なんだか面白かった。

June 16, 2014

面倒なことをやり終える一日



今日はなかなかくたびれた。

たぶん急に夏のように暑くなったからやろうとも思うけど
今日は「面倒なことをやり終える一日」と決めたからかもしれん。

ずっと放置やった税務署関係の書類を
やっとやる気になったのが先週あたり。
区役所や税務署、銀行など
何かとたらい回しにされやすい場所へ行く前は
対外事前調査を入れる。

先週も近くの出張所へ行き、まずどこへいくかを確認。
ちょっと怪しそうな回答やったき
ここで本当にいいんですね?ときくと
はい、大丈夫です といった。はず!!
やのに今朝意を決して電話したら
ちがうやん。
はぁ。
結局税務署へいかなくてはいけないとわかり
暑いなか慣れないでっかい道路を歩き続ける事10分強。
税務署で全ての書類記入をしてはい、OK
といくはずが
「あ、この住所の方は○○税務署の方へ提出して下さい」
と。
思わず「だから何度も電話で確認したんですけど」
といってしまった。
大きな区では税務署がいくつかあるらしい。
なんでそれくらいの簡単なことで半日つぶされないかんのやろう。
本当に意味がわからない。
確認以上に確認をしているのに。
不機嫌マックス。

とりあえずお腹を満たそうと
気になっていたインドカレー屋に入ると
カレーがなかなか美味しかった。
店員のインド人の兄ちゃんは、
こちらが食べ終わる直前まで
ずっと電話で話していたのを切ると
「ごめんね」と一言いって「英語はなせる?」
と話しかけてきた。
遅めランチで客がいなかったせいか
英語で会話ができたからかわからんけど、
サービスでマンゴーラッシーをくれた。

そうか、わかった。
アメリカやインドや
海外の人って対外適当やとわかった上で
こちらも構えるからいろいろと腹がたつことが少ないんや。
接客も適当なら適当語で接してくれるし
こちらもそれにのっかれる。
間違っても、むしろ笑ってしまうし、
どこか愛嬌がある。
(全てではないけど)

日本で生活しよって
いちいち小さなことで腹がたってしまうのは
とてもいい言葉を使ってくるわりに
応用がきかなくて
実は適当なことが多いからかもしれん。


カレーを食べた後は
もう一つの面倒=得意ではない場所=病院(眼科)へ。
便利なはずのコンタクトレンズが
ただの眼球カバーと化していたことが判明。

くたびれた一日やったが
ここ数年分のめんどくさいをやりきった一日やった。

June 10, 2014

KAGURE holistic beauty







これでもか
というくらい洗濯物を干してみた。

とうとうやってきた
梅雨。

今年はそんなに暑くないのが救い。

今朝、facebookで友人があげていた記事。
「オススメできない商品」
昔あったなー
買ってはいけない、の本。

あの時、
えーほとんど使いゆうし、
と思ったきがしたけど
今回記事をみよったら
ほとんど今は買ってないものばかり。

体にあわない
肌にあわない
薬きらい
海外で入手すると高い
でいつの間にか買わんなった。

この間ちょろっと受けにいった
暦workshopでも似たような事をいいよったのが
季節の変化や自分の体の変化に気づかない日常が今。
妊娠4ヶ月たっても気づかない人がいる
という話をきいて
へー と思ったけど
ブランド名がうれちゅうし
自分があわん医薬品でも
なんとなくの信頼感で
買い続けよった頃を思い出す。

たぶん海外へいってなければ
今もつかいよったろうな。

シンクロするようなタイミングで
かぐれholistic beautyのサイトがリニューアルした。

九十九里浜で撮影したメイキング動画も公開。
映像としてはまだまだやけど
かぐれのみんなの想いをうまく伝えるために
何度もの編集をした結果、
いいものができた。

自分自身
すべてを自然素材でいいものに
とも思わんけど
本当に自分にあうものを
しっかり見極めてつかっていきたい。

June 06, 2014

zipper時代を思い出す東京の夜景



タイトルそのままです。

地方へいった帰り、
新幹線や飛行機からみる東京の夜景は
Zipperに憧れて
文化服飾学院に入りたい
と思っていた若かりし頃を思い出す。

Zipper全盛期の
高校3年生の時
いまでは考えれんけど
バンタンや文化に憧れをもっちょった自分は
大阪で専門学校に通う
なんてほざきよった。

交通費目当てで
大阪の専門学校見学いったりしたなぁ。
(学校見学へいくと交通費がもらえた時代。今はどうだろう?)

もちろん親に反対され
若者の憧れはあっけなくくだけたけど
今おもえばあの時いってなくて本当に良かった。

その後の
高知時代の一番楽しい時期も
アメリカ留学も
今のこの生活も
なかったかもしれん。

高卒のバカなミーハーっ子を
見事みやぶっちょったうちの親は
大阪がNGやったのに
二年後のアメリカ留学はOKやった。
ナイス判断。
感謝です。

そんなことを
窓の景色をみるといつも思い出す。

ネットでZipperを検索してみたら
けっこうでてきた。
懐かしい。
「あの頃の読者モデルは今とちがってみんな個性的だった」
とあった。

昔はよかった
なんて自分も言う年になったがやな。







June 02, 2014

予習復習


ここ最近のとっかかりをのけるため
先日、数時間のスキルアップ講座をうけてみた。

そこまで安いものでもないし、
ここ半年間悩んだ末。

正直、スキルアップについては
わからんけど
明らかに気持ちが軽くなり
復習にはなった。

気持ちが軽くなると
不思議と今まで手に着かなかった事が進みだし
なんだ、もっと早くやればよかった
とも思ったけど
悩んだあげくのこの時期やきこそ
気持ちの整理がついたのかもしれん。

なんでもまず行動っていわれるけど
気持ちののってないときや集中のない時は結局進まず。

まぁ甘いんやと思うけど
結局ほめられて伸びるタイプなんやなぁと確信。

学生時代、復習なんてしたことなかったわ。

もう若くないんやし
そろそろ自分の伸ばし方、おぼえなくては。